2010年 04月 24日
新宿御苑 「御苑と私」
 ワビサビとか、風流とかそういったものを面白がってつらつらと公園を見て回っているが、新宿御苑は、微妙な差異を意に介さない圧倒的な実力を持っている。いわば、キング・オブ・シティパークだ。

 園内に適切に配置された木々は、品良く並んで、品のいい花や実を結ぶ。池はそんな木々の枝と空の雲を映しこみ、芝生は青々と広がる。しかも園内は広い。常に人々が集っているが、花見などの特殊な時期を除いて、余裕を持って気ままに座ったり、遊ぶことができる。

 丁寧に手をかけられている園内の自然は、大きな逸脱なく、木々はきちんと並んで人々を迎え入れる。その向こうに新宿のビル街、ずっと遠くには東京タワーも見える景色は、東京の最も美しい表情のひとつとなるだろう。ニューヨークのセントラルパークなんかもこんな雰囲気なのだろうか。西洋風のシティパークのひとつの極みである。

 ひろびろとした芝生と美しい木立はもとより、イギリス式、フランス式、という西洋式庭園の二大流派の本格的な庭園を備えてもいる。そして西洋式ばかりではなく、一方で、日本庭園もちゃんとある。和洋取り揃えた奥行きの深さ。さらにゴミが少なく、トイレも基本的に清潔だ。ひとりで行っても、ふたりで行っても、大勢で行っても、1日楽しめる。はっきり言ってアリのはいでる隙間もないくらいの磐石なオトナの公園道を貫いている。

 トラディショナルという言葉が頭に浮かぶ。コンサバティブという言葉も浮かぶ。ついそういうものを茶化したくもなりもするのが、人の常、いやはっきり言えばぼくの習癖ではあるが、足しげくここに通っているうちに、そんな気分は抜けて、この公園の醸し出す雰囲気に身を委ねる心地よさを味わうことになる。毒気を抜かれた格好だ。

 素直になったぼくは、思う。新宿御苑があるからこそ、東京の他の公園を心ゆくまで楽しめているのかもしれない、と。

 ここにはぼくが思っている都市の公園が備えるべき要素が大体揃っている。それらは好みを超越した一般性を持った要素だ。だから、他の公園が御苑に比べて、どこが足りないのか、とか味わい深さを持っているのか、がその公園を評価する大きな基準となり得るのだ。

 逸脱の面白さは、常識とか伝統とか、王道があるから生まれてくる。逆に言えば王道がなければ逸脱は存在できない。逸脱は常識になったらカッコ悪いが、王道は常識を超越している。

 パンクやアナーキーもカッコいいが、無理やり続けたらくたばってしまう。それでもカッコよくそれらを続けている人は、意外と正統とかを良く勉強したりしているのである。

 常識的に考えると、自分の基準を持って行動できる人がカッコいい。世間から見て逸脱していても、彼らの基準は必ず今までにあったもの、あるものの中から自分で取捨選択して作り上げられている。それがいつしか人々を納得させ「道」ができる。

 そして公園の王道として、新宿御苑が存在するのである。

 昔ここで焚き火をしようとしたりして(未遂です)、無頼を気取っていたぼくは、深い反省とともにこの一文を書きました。

 ♣♣♣

新宿御苑(しんじゅくぎょえん)
*所在地:新宿区内藤町11 TEL03-3350-0151(環境省新宿御苑管理事務所)
*開園時間:9:00〜16:30(入園は16:00まで)
*休園日:月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)*月曜日も開園の時期もあり。
*入園料:大人(15歳以上)200円、小中学生50円、他。
*アクセス:JR・京王・小田急線「新宿」下車 徒歩10分/地下鉄副都心線・新宿線「新宿三丁目」下車 徒歩5分/地下鉄丸ノ内線「新宿御苑」下車 徒歩5分/JR「千駄ヶ谷」下車 徒歩5分、地下鉄大江戸線「国立競技場」下車 徒歩5分、他。

ミシュラン(☆3つが最高)
*ひとり: ☆   近接する高島屋の入っているビルのテラスから御苑が一望できます。隠れた名所です。
*ふたり: ☆☆☆ ハンカチの木というロマンチックな名称の大木を見たりしながら穏やかに過ごせます。
*おおぜい:☆☆☆ 家族、友人と連れ立って花見やピクニックを楽しめます。追分団子を買うのがおすすめ。
[PR]

by na2on | 2010-04-24 23:27 | 公園案内2


<< 大島小松川公園 東の空、東のみどり。      荒川自然公園 都電に乗って。 >>