2011年 10月 20日
秋の公園。
Why Not Smile

かたいコンクリートが
きみをこなごなにしてしまった

きみがきみのことを語るために
ぼくはなんだってしたのに
なんだってしゃべるのに
漫画に出てくるレンガの壁みたいにさ
きみのことばをきくために

ずっとかなしかったんだよね
すごく心配してきたんだ
さあ、ほほえんでよ
かなしかったんだよね
なんでわらわないの

なんだってしゃべったよ
きみのことばをきくためだったら
なんでわらわないの
ずっと、かなしかったんだろ
ずうっと、かなしかったんだね。

REM "Why not smile"
http://youtu.be/4HMQznKH3MM

原詩は、REMのマイケル・スタイプ。
もっともっと、示唆に満ちた歌詞のように思うけど、意訳という名のマチガイご容赦を。

このうたは、聴いていると、死にとても近いところで歌われているように感じる。
低い声で、かえることのないかもしれない言葉を、かけ続けながら、
静かに、あるがままを受け入れ、やがて、再生へとつながっていくうただと思う。

死んだ人のたくさんの語られる事のなかった思いは、
魂とともに天に広がり夜空の星となって、
生き残った人たちの、足もとを、ぼんやりと照らし出す。
そのあかりを頼りに、ぼくたちは、一歩ずつ、前に歩き出す。

先日、久しぶりに話した、ひとがいて、
そのひとが、とおくの町で、たたかっていて。
でも、そのひとは、自分のすべきこととして前を向いていて。

一度、死をとても近くにかんじて、そして、生き続けるひとたちがいる。

ぼくは、言葉をつむごうと思う。
たいせつなひとたち、そして、愛するひとたちが、笑うような、楽しい気持ちになるものを。
たいせつなものごとや思いを、つむいでいこう。

このうたは、マイケル・スタイプがつむいだ、やさしいうた。
おだやかな秋の公園を歩くみたいな、とても、やさしいうた。
さあ、歩き続けよう。
[PR]

by na2on | 2011-10-20 10:30 | よりみち。


<< ものがたりは、つづく。      陽のあたる場所 >>