2012年 01月 03日
ものがたりは、つづく。
ひとめぐりしました。
12回をもって、雑誌”nico”の「公園の風景」、連載終了です。

最後の詩は、ぼくにとって、はじまりのうたを掲載しました。

♣♣♣


母海

はるかあなた山のむこう
きみのすきな花が咲く
いつかたどりついた丘
あれた海の夢を見る

かさねた嘘は風に舞い
悲しい思い出も今はない
どこかで聞いたかすかな鼓動
私をとりこみうねりだす

いつか鳥はみな眠り
しげる草木は枯れ絶える
町の記憶は消え去って
なにが私を立ち止める

きみは、今もかえりつづけ
私は今、そこにいる
きみがかえるその日まで
私はただ、そこに待つ


♣♣♣

原型は、あるひとと、冬の熊野の山中を歩いて、帰って来てから書きあげた詩です。
歩き疲れた夕暮れ時、そのひとと少し距離をおいて休憩したときに、
ぼくは確かに大地からの鼓動を聞いたように感じました。

その鼓動は耳を澄ますと、東京でも聞くことができました。
夜中の明治通り、昼間の青山墓地、夕暮れの浜離宮。
そして、そのひとと暮らしはじめた地にある、公園。

川に沿って作られた公園を、そのひととなんども歩きました。
つないだ手を通して彼女の鼓動が伝わってくるたび、ぼくはどきどきしました。
ひとに触れることは、そのひとの気持ちに触れることだ、と思いました。

こどもが産まれてからは、三人で公園に行きました。
こどもは、みどりの草の上をはいはいし、やがて歩き、走り出しました。
この子は、確かに、冬の熊野で、ぼくたちを見おろしていたように感じました。

ものがたりは、続きます。
断片がつなぎあわさり、家族のお話がつむがれていく。
そのさまは、ちいさな町が、多色刷りのようにかさなりあってできた、
東京みたいです。

公園をテーマに詩を書くなんて、とても楽しい経験でした。
だから、ちょっと味をしめています。
今度は、友人の写真家と、連作を作って行くつもりです。
テーマは「東京」。
いつになるかな。わからない。でも、キットやります。
[PR]

by na2on | 2012-01-03 23:25 | 連載「公園の風景」


<< 夜の街。      秋の公園。 >>