カテゴリ:連載「公園の風景」( 3 )

2012年 01月 03日
ものがたりは、つづく。
ひとめぐりしました。
12回をもって、雑誌”nico”の「公園の風景」、連載終了です。

最後の詩は、ぼくにとって、はじまりのうたを掲載しました。

♣♣♣


母海

はるかあなた山のむこう
きみのすきな花が咲く
いつかたどりついた丘
あれた海の夢を見る

かさねた嘘は風に舞い
悲しい思い出も今はない
どこかで聞いたかすかな鼓動
私をとりこみうねりだす

いつか鳥はみな眠り
しげる草木は枯れ絶える
町の記憶は消え去って
なにが私を立ち止める

きみは、今もかえりつづけ
私は今、そこにいる
きみがかえるその日まで
私はただ、そこに待つ


♣♣♣

原型は、あるひとと、冬の熊野の山中を歩いて、帰って来てから書きあげた詩です。
歩き疲れた夕暮れ時、そのひとと少し距離をおいて休憩したときに、
ぼくは確かに大地からの鼓動を聞いたように感じました。

その鼓動は耳を澄ますと、東京でも聞くことができました。
夜中の明治通り、昼間の青山墓地、夕暮れの浜離宮。
そして、そのひとと暮らしはじめた地にある、公園。

川に沿って作られた公園を、そのひととなんども歩きました。
つないだ手を通して彼女の鼓動が伝わってくるたび、ぼくはどきどきしました。
ひとに触れることは、そのひとの気持ちに触れることだ、と思いました。

こどもが産まれてからは、三人で公園に行きました。
こどもは、みどりの草の上をはいはいし、やがて歩き、走り出しました。
この子は、確かに、冬の熊野で、ぼくたちを見おろしていたように感じました。

ものがたりは、続きます。
断片がつなぎあわさり、家族のお話がつむがれていく。
そのさまは、ちいさな町が、多色刷りのようにかさなりあってできた、
東京みたいです。

公園をテーマに詩を書くなんて、とても楽しい経験でした。
だから、ちょっと味をしめています。
今度は、友人の写真家と、連作を作って行くつもりです。
テーマは「東京」。
いつになるかな。わからない。でも、キットやります。
[PR]

by na2on | 2012-01-03 23:25 | 連載「公園の風景」
2011年 06月 29日
陽のあたる場所
たとえばながい冬があり
さくらさく、はるがきて

たとえばきみの声きいて
伸ばすその手を握りしめ

そうだぼくは知っている

みどり目に染む草いきれ
落ち葉のうえをあるく音

きみが生まれた時のこと
ぼくが生まれる前のこと

ぼくはずっと知っていた

ゆるやかに時間はめぐり
さくらさく、はるがきて

きみのからだうけとめて
鼓動を今、たしかめる。

♣♣♣

 今、ぼくは「nico」という雑誌で、公園をテーマにした詩を連載しています。

 連載の内容は、23区内の公園を取り上げて、写真と詩で紹介するというもの。カメラマンが撮ってきた写真にあわせて、その公園のイメージで詩を書いています。

 夕暮れ時、花咲く季節、雨降りの午後……。それぞれの場所や時間、芝生で寝転んだり、木立の中を歩いたりしながら、かつてぼくは感じた、さまざまな思いや、心のありよう。風景と心の動きが渾然としたひとときを作り出そう、というのが、ぼくのコンセプトです。ぼくなりの「東京」を描きたい、という思いもあります。

 さまざまな姿を見せ、さまざまなうけとめ方をしてくれる。そして、行きたいと思ったときにすぐに行ける、自然への入口、それがぼくにとっての公園です。

 ところが、3月11日以降、東京の公園は、決して気軽に行けるような場所ではなくなってしまいました。福島第一原発から出てくる放射性物質は、土や草の上にふりそそぎ、今までみたいに、草の上をごろごろ転がったり、子どもの土いじりを容認することもできなくなりました。

 かつてひとりで公園に訪れていたぼくも、いつしか、子どもを持つようになっていました。自分の子らが泥だらけになり、びしょぬれになって遊べる場となった公園は、かつてとは異なる現実的なありがたみをもって、ぼくの前に存在していました。

 でも、今、ぼくは、子どもたちを公園に気軽に連れて行けません。雨も降らず、北からの風も吹いていない日におそるおそる連れて出るくらい。水も土も触らせないようにしています。

 そんな日々が続く中、ぼくは、公園を紹介する連載を続けて行こうと思います。今までどおりに、淡々と。
 もしかしたら何かしら変えた方がいいかもしれません。自分が危険だと思っているのなら、そのことを知らしめたり、少なくとも、公園の紹介をやめるべき、という考えもあるかもしれない。

 でも、ぼくは、公園を紹介し続けて行こうと思います。

 公園は、ぼくの大好きな場所であることに変わりないからです。だから、ぼくは、ぼくが感じる、そのいちばん素敵な部分だけを描き出したい。そして、読む人たちが、素敵なひとときの空想をしてもらえたら、すごく嬉しい。

 現実世界で、いつか、公園で、子どもたちと一緒に、心から笑える日が来るだろうか、東京の、あるいは全国の子どもたちが、公園で笑える日が来るだろうか。

 ぼくには、まだ分かりません。でも、戻すため、そして守るための動きを、続けて行こうと思います。その上でファンタジーをぼくは書き続けます。

 陽のあたる場所で、大切な人を全身で受け止めるために。
[PR]

by na2on | 2011-06-29 00:59 | 連載「公園の風景」
2011年 01月 11日
雑誌『nico』で連載を開始しました。
『nico』という雑誌で「公園の風景」と題した連載が始まりました。
写真と詩で、東京の公園を紹介していく、というコンセプトです。

ぼくは、詩を担当しています。

書店などで手にとってもらえたら、とても嬉しいです。
http://www.quint-j.co.jp/web/magazine/

初回は「駒沢公園」。
テーマは「はじまり」。

♣♣♣

旅に出なければならないときが来た。
肩に力を入れて、彼は、自分に言い聞かせます。

少し前に、彼のこころは大きく揺れました。
彼は、決断したのです。
まだ、その時の揺れが、残っているようだ。
そう思った彼は、ひとりで、歩きたかったのです。

時間はたくさんあるように感じました。

そこで、彼は、一冊の本を託します。
ホールデン少年言うところの
「読み終わったら作者に電話をかけたくなる」。
そんな、本を読みながら、彼女は、待ち続けます。

旅は、再生の始まり。
彼は、歩きます。一所懸命。

でも、待つことは、喪失の始まり。
そこなわれたものは、もう二度と、取り戻せません。

彼女は、彼なんかより、ずーっと、ずっと、分かっています。
今、何がしたいのか、まっすぐに考えています。
「ねえ、そろそろ会いたいんだけど。本ももうすぐ読み終わるし」
彼は旅から戻る時が来ていることに、ようやく気づきます。

そして、大きな日時計のある、公園で、ふたりは、再開します。

日時計に埋め込まれた、小さなステンドグラスのひとつひとつ。
それらが、陽の光を浴びて、きらきらと光ります。

「ああ、この景色は確かに見たことがあるぞ」
彼は、そう思ったけど、口に出さずに、照れたような笑い顔で彼女をみます。
彼女は、ぱたん、と本を閉じて、手渡します。

「面白かった」
「他のも貸そうか」
「もういいよ」

ほんと、とんちんかんだ。
そう思ったけど、口に出さずに、彼女は、にこりと笑いました。

そこから、ほんとうの話が始まります。

♣♣♣

1年間、連載は続く予定です。
どうぞ、よろしく。
[PR]

by na2on | 2011-01-11 01:00 | 連載「公園の風景」