<   2010年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2010年 04月 10日
砧公園 繰り返されるおだやかさ。
 23区内でも世田谷は特に公園のレベルが高い区だ。

 今回紹介する砧公園のそばに限っても、大蔵運動公園の崖の上から見る景色はなかなかのものだし、その先につながる公社大蔵住宅に広がる奇麗な小川と泉のある緑地は、団地に住む人たちが計画に参加して作った親密感がある。ちょっと足を伸ばして岡本公園民家園の江戸時代の農家と、周辺の丘陵地帯の風景や、往時の「村」の雰囲気を見事に再現した次大夫堀公園は、いつ遊びに行っても満足できるものだと思う。

 そんな世田谷の公園を代表するような砧公園は、都内でも有数の広さを持っているし、美術館が隣接していることもあり、誰が行っても、間違いなく1日たっぷりとなごめる公園だ。

 でも、ここはやっぱり、どんなに大きくてオープンだとしても、本質は近所に住む人たちのための公園だと思う。

 ある日、前述した大蔵運動公園の崖下を歩いていると、向こうから品のいい老婦人が来て、話しかけられた。

 近くを散歩するのが日課だが、今日は少し遠出をして歩いている、と言うその人に、ここら辺はいいところですね、と言葉を返すと、桜が咲く時期の砧公園の美しさについて教えてくれた。

「本当に見事なんです」

 公園の中でもひときわお気に入りのしだれ桜について語る老婦人の顔はとても嬉しそうだった。

 ゴルフ場だった往年を彷彿とさせるなだらかな起伏を持って連なる芝生や、ところどころに立ち並ぶ木立、芝生の真ん中を流れるクリーク、そして奥にひっそりと広がるバードサンクチュアリ。穏やかな光景の中で、いつだって、人々が点在して、それぞれの時間を過ごしている。

 晴れた日の夕方、歩いてみる。

 犬を連れた人たちとすれ違う散歩道から木立へと分け入る。木々の枝の向こうに広がる草はらでは、子供たちが太陽の最後の一片までも使い尽くすように、サッカーに精を出している。ところどころにシロツメ草がまとまって植えられた芝生を横切ってゆくと、丘を越えたそのまた向こうの木立から、バグパイプの音が聴こえてくる。幾層にも重なった途切れることのないふくよかな音色が、風にのって夕暮れの公園をやわらかくつつみこむ。その音に送られるようにして、老夫婦が家路につくその脇を、ジョギングする女性が追い抜いてゆく。ベンチで読書を続ける女の子は、頭上の街灯を頼りに、今日は気のゆくまで本を読みながら時間を過ごすのだろう。

 土は、昼の熱気をおだやかに吐き出し、あたりに次第にただよってきた、ひんやりとした夜の空気を吸い込む準備を静かにはじめる。

 そんないつもどおりの繰り返し。

 1日の終わりに、いつもどおりに足を運んで、自分たちの大切な時間を過ごしてから、家へと戻る。そんな場所として、近所の人たちは、砧公園をとても大切にしてきているのだと思う。

 よそから来て、ちょっとだけぎくしゃく歩いたり寝転んだりしているぼくは、ちょっとだけそんな彼らがうらやましい。ちょっとだけ。

 ♣♣♣

砧公園(きぬたこうえん)
*所在地:世田谷区砧公園1-1
*アクセス:小田急線「千歳船橋」から東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車/小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学駅北口行き)「岡本一丁目」下車/東急田園都市線「用賀」下車 徒歩20分または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車
*その他付帯設備:園内に世田谷美術館(TEL03-3415-6011)●開館時間10:00〜18:00(入館は17:30まで)/●休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月29日〜1月3日。

ミシュラン(☆3つが最高)
*ひとり: ☆☆☆ ひとりで気ままな時間を過ごそうと思ったら、芝生も木立もあるこの公園は、最高に近い環境が揃っていると思います。
*ふたり: ☆☆  用賀駅からバスに乗って、世田谷美術館で鑑賞しつつ、レストランでご飯食べて公園へ、というのもなかなか魅力あり。
*おおぜい:☆☆  ゆるやかな起伏の草はらの木陰で寝転んだりしながら過ごす1日も楽しそう。成城学園でおいしいものもたくさん揃います。
[PR]

by na2on | 2010-04-10 22:44 | 公園案内。
2010年 04月 09日
小石川植物園 陽のあたる場所。
 この植物園のことを思い浮かべると、いつもしん、とした気持になる。

 門を入ってすぐの坂を上がって歩いていく。

 おとなふたりで手をつないでも抱えきれないくらい太い幹の木が立ち並び、その下には花が咲き苔が生える。

 あったかくなった日、若葉がいっせいに茂りだした日、雨がしとしと降る日、蝉が合唱する日、葉っぱが色づいた日、きゅんとした冷たい空気の晴れた日。いつでも、この植物園はしんとして、強烈なあるいは弱々しい光を浴びてたたずんでいる。

 ここは陽のあたる場所だ。

 だから、ここに行くときは、気分のいい日にしたい。

 誰かと行くなら、大事なパートナーとか、久しぶりに会っても気兼ねなく話し合える友とか、家族といった親密な人たちと行きたい。彼らと、あまりしゃべらずにゆっくり歩きたい。

 ぼくたちは、足で踏みしめる土や草や葉っぱの音を聞き取る。大きな木の幹や芝生の草の感触に気づく。隣にいる人の声や木漏れ日、そんな断片が積み重なっていく。

 この植物園では、自分が感じとる物事が、すべて手触りのはっきりとしたとても親密なものに生まれ変わる。

 ぐるりと歩いてから座る芝生では、色々な風景が一度に目に入ってくる。

 目の前に広がる池と洋館、背後の鬱蒼とした木立、隣の梅林、塀のすぐ外に並ぶ町工場、遠くにそびえる高層ビル、そして空。

 ここは箱庭だ。東京の中に作られた小さな箱庭。塀に囲まれたここだけ、自然が自由に繁茂する場所。

 いつでも、陽があたって、自然が、その時々にしか見せないありさまを見せ続ける場所。ぼくたちはそんな場所が醸しだす空気に包まれ、身をゆだねる。

 箱庭から戻ってきて、時間が経つにつれ、植物園で見て、触れてきた物事の断片が、ぼくたちのどこか奥の方にそっと積み重なっていく。苔に光が当たった様子や、木々の間を通り抜ける風の音。深海の底にプランクトンの死骸が降り積もってゆくように、ゆっくりと。

 やがてしんとした空気の中、木々の枝や花びら、葉がスローモーションで動き出す。彼らは静かに集まり波打つように連なって、うねりだしてゆく。

 彼らの息遣いを浴びて、ぼくの内側で少しずつ変化がはじまってゆく。彼らの出す単調で途切れのない音は通奏低音として、あたりを覆い、ぼくはいつしかその波に身をゆだねる。どこからかささやくようなくぐもった声が、きこえてくる。その声の意味をきき取ろうとぼくはする。でも、いつももう少しのところで、霧の粒子が集まるように、そっと、もやがかかってきて、声はぼんやりとした輪郭しか見せぬまま、その中へ溶け込んでいってしまう。

 そしてぼくは気付く。彼らは、すべてがあたたかく結びつきあっていた、あの薄暗い場所の記憶を持つ、ぼくたちのことを待ち続けていることを。

 陽のあたる場所にあるものは、いつも、すべて、やさしい。

 ♣♣♣

小石川植物園(こいしかわしょくぶつえん)
*所在地:文京区白山3−7−1 TEL03-3814-0138
*開園時間:9:00〜16:30(入園は16:00まで)
*休園日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日が休園日)、12月29日〜1月3日
*入園料:大人(中学生以上)330円、小人(6歳以上)110円 (団体割引あり)*みどりの日は入園無料
*アクセス:東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車 徒歩約15分/都営地下鉄三田線 白山駅下車 徒歩約10分/都営バス(上60)大塚駅〜上野公園線 白山2丁目下車 徒歩約3分 

ミシュラン(☆3つが最高)
*ひとり: ☆☆  谷根千地域や本郷も徒歩圏内。そんな園内で精子が発見されたイチョウの木を見たりするのは、いい湯加減です。
*ふたり: ☆☆☆ 落ち葉重なる時期に、大きな木がたちならぶ園内を、さわさわと歩く。ここでしか味わえない時間が過ごせます。
*おおぜい:☆☆☆ 木々の葉がきゅっと磨き上げたみたいな若緑色になった日、家族で緑地帯のある坂道を降りて行くのも最高です。
[PR]

by na2on | 2010-04-09 03:04 | 公園案内。
2010年 04月 09日
はじめに。
 このブログは、東京の23区内の素敵な公園を案内するコラム集です。

 ぼくが、少し前に載せるあてもなく書きためていた、自分の気にいった公園についての文章に、アクセス方法や、「ひとり」「ふたり」「大勢」で行く際のおすすめ度などを付け足しました。

 東京が、とても魅力的な町だと思ったのは、もうずいぶん前、東北地方の大学を受けようと思って、生まれ育った町から、ひとり東海道新幹線に乗った時のことです。

 東海道新幹線は品川を超え、東京駅に近づくと山手線や京浜東北線といった電車と並走し出します。その時も、ぼくの乗った新幹線は軽快にそれらの通勤電車を追い越していきました。何気なく抜かされていく電車を見ると、中には大勢の人たちが乗っていました。ラッシュアワーも過ぎ、晴れた午前の光を浴びた電車の中の人たちは、窓の外をぼんやり眺めたり、本を読んでいたり、互いに話し合ったりしていました。その光景を見て、ぼくは突然「東京に住みたい」と感じました。

 それまでも東京には何度か来たことはありました。でも、その瞬間まで、さしたる思い入れも、むろん住む気も全くなかった場所に、理由も分からず、とても強い思いが生まれたのです。そのことにとまどいながら、ぼくは、自分自身の思いを受け入れるべきかどうか、呆然としながら考えていました。
 
 結局その時は、東京は通過したまま東北の町ですごすことになりました。そして、何年かの後、ぼくはようやく「あの時」以来憧れとなった東京にやってきました。居場所が決まるまで、先に上京した先輩に盲愛っぷりをさんざんからかわれながら、何度も泊めてもらったものです。

 住んでみると、やはり、東京には大勢の人がいました。でも、自分にとっての友だちも知り合いもほとんどいないから、休みになると、ぼくは自転車に乗ってあてもなく走り回りました。どこへ行っても家並みが続いていましたが、どの町にも、独特の個性のようなものがありました。遠くから見ると東京という単色に見えるのが、近くで見てみると、町ごとに色合いが異なっているさまが、良く出来た絵画を見ているようで面白いと感じました。

 東京はみどりの多い町だとも感じました。街路樹が並び、巨木は大切にされ、そして、どの町にも、必ず公園があるからそう感じるのだと気づきました。そして、いい町には必ず、素敵な公園がある。というか、町の個性は公園に行けば見えてくる、そんなことも分かってきました。人が公園を作るわけです。

 そんな、人が多いからこそ出来上がった、多色刷りの町の中から、自らの心地よい場所を探し、人々とのつながりを作り上げていくことができる。大学入試の時のぼくは、人の多さに魅力を感じたのですが、もう少し奥を探れば、コミュニティ、というか「たたずまい」の多様さに自由と魅力を感じるようになっていたのです。

 そんなことを感じるきっかけとなったのは、近所に住んでいたある女の子です。ひょんなことで知り合った彼女は、散歩が大好きで、自分の庭のように近所の公園に行っていました。彼女は、公園の木々や草花や動物の季節による変わり具合をいとおしみ、公園に集う人たちの様子を見たり、話をすることを心から楽しんでいました。彼女の後ろにくっついて歩くと、自分の住んでいる町もなかなかいいところだとしみじみ感じることができました。

 仲良くなった友だちと、彼の住む町の公園に行って、うたも作りました。彼もまた自分の庭を紹介するかのようにギターを持って、広々としたその公園の芝生ぼくを連れて行ってくれました。そこでぼくたちはビールを飲んで、大声を張り上げてうたいたいことだけをうたいました。その友だちと会えなくなってからも、ぼくは、初夏のはれた日になると、かならず、その時の、ちくちくほほをさす草の感触と、むっとした草いきれを思い出します。

 まあ、ずいぶん遅い青春じゃあないかとも思いますが、とにかく、ぼくは東京に来て、本当にいろんなことを公園を通して味わってきました。公園には不思議といろんな人が集まって、みどりの中で、レイドバックしたきままな時間を過ごしていました。

 公園は、都会の中にある小さなみどりの箱庭です。そこでは、手つかずの山や海と同じに、自然が1年でひと巡りするの営みを毎日たんたんと続けていることが見て取れる場所です。だからこそ、人たちは開放された気分になったり、リラックスもするのでしょう。でも、同時に公園はほんものの自然ではありません。はっきりと人の手の入った、人工的な都会とほんものの自然、こっち側とあっち側のはざまにある、ちょっと独特な場所だとも思います。

 しばらく東京に住み慣れたかな、と思ってきた頃、そんな「公園」をキーワードにして「東京」を切り取ってみたらどうだろう、と思うようになりました。誰をもフラットに受け入れる町のスイートスポットとして公園を捉えて、それを通してぼくが感じる多色刷りの「東京」の魅力を表現したいと思ったのです。

 なんてポーズを取ろうにも、実際は車もないから、バスと電車と、何より足で、てくてく歩いて、ノートに気づいたことを書き付けていただけです。でも、本当は仕事で始めたのですが、途中でそのプロジェクトが中止となってしまってからも、ぼくは、歩き続けました。公園をめぐるのは、リアルに、楽しかったのです。

 そうやって見て回った中で、遠くから1日かけても行くだけの魅力がある、と感じる公園をピックアップして、そこの様子を書いたのが、今回出していくコラムです。ここだったら、きっとあなたなりの楽しみ方ができるはず、そして、その公園がある町のことが好きになれる。そんなところばかりです。

 自分で書いたものからの引用ですが、気持ちのいい公園は、おいしいパン屋や、セレクトにこだわりを感じる本屋のようなものだと思います。そういう場所があると、その町に住むことが楽しくなって、素敵なつながりが出来ていく。ぼくたちは、そうやって、町に根付いていく。憧れだった東京にもうずいぶん長く住んでいるぼくは、今では、そんな風に思っています。
[PR]

by na2on | 2010-04-09 02:30 | はじめに。